バタフライ・メィデン

momo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

教えて! 江原さん

a0013267_2542943.jpg5月26日発売の雑誌「TRINITY 19号」にKARAが掲載されます。今回はしっかり1ページ。

この号、「教えて下さい!江原さん」という特集で、話題の江原啓之さんスペシャルが組まれています。
スピリチュアルなことにちゃんと答えてゆくのって、目に見えない世界のことだけに、普遍的な意識=愛を持っている人でないと、魂に響く答えを導きだしてゆくことは出来ないでしょう。江原さんは何よりもお顔がいいですよね。ふっくらとした頬と優しい瞳。その瞳は時々フェイズアウトされますが、見えない世界のものを見ていらっしゃるのでしょうね。

江原さん人気にあやかって、KARAも、ちょっと頑張ります!
何をって? 人生、楽しみたい、遊びたい、愛したい!  人生の不思議を知ってみたい! だから少々辛いなと思う事があっても、それも又、乗り越えてゆける!
だってね、人は一日の内に何万回となくネガティブな事をつい思い浮かべてしまったりするのですって。自分に嫌な事をしたり、敵対したりする人がいたとしても、それは自分の未熟な部分を教えてくれる人だったりする。嫌な事、ネガティブな事が起きるのは、魂の成長の為の最大のチャンス! そこから学びを得てゆけるのですものね。
そしてね、自分を愛してくれる人、応援してくれる人って、自分では気づかなくてもちゃんと見てくれていたりする。それが影の支えになってくれてると思うのです。現実世界での支えは、お父さんやお母さんだったり、奥さんやご主人だったり、恋人だったり。ガイドさんは目には見えない次元だけど、ちゃんと支え導いてくれていると思うのです。人間学校で学びを得てる私たちには、ちゃんと守り導いてくれる存在がいると思うのです。

実は最近、急性の腸炎で深夜の救急病院に駆け込みました。精神的にショックなことがあって、体に出てしまったのですね。痛みも激しくて、不安で不安でしかたなかったけど、病院のお医者さんや看護婦さんが優しくしてくださって、とても安心できました。この方々もちゃんと私を優しく守ってくれた。

そしてね、不思議なことが・・・。 
点滴を受けている時に、ウトウトと半分眠っている様な状態の時、自分を落ち着かせるためにもモンロー研究所で学んだ方法で意識のフェイズをずらしていって行ったの。フォーカスレベルは分からないけれど、浮遊した意識状態だったかしら、多分フォーカス12か15かそのあたりかな。
救急で担ぎ込まれた女性が看護婦さんに名前や住所を聞かれています。誕生日を聞かれた時に「5月26日」って私の頭に直感のように浮かびました。すると果たして彼女は「5月26日」って答えたの。実はこの日が私のお誕生日でもあるのです。深夜の救急病院に同じ誕生日の人が来ている不思議な巡り合わせ。

そして、その時にベッドのすぐ脇に誰かが来てくれたのが分かったの。私の大好きな人でした。「あ、来てくれたんだ」 と思ったその瞬間に私は心底からほっと安心できて、胸の内側に、温かい優しいものが す〜っと流れ込んできて、痛みも薄らいでゆきました。でもその姿はね、人間の輪郭を持った、透明な水色のエネルギー体。それがヴィジュアルでもほのかに見えました。そして、そのエネルギー体が来てくれたと同時に、私の大好きな人の気配を感じたの。
 今思うと、ガイドさんがその人のエネルギーを真似たのかな、それで私を安心させてくれたのかなって思います。ガイドさんは自分にとって一番分かりやすい方法で出て来てくれるのです。もしかしたら、実際にその人自身も時空を超えてすぐ傍にきてくれていたのかもしれません。
 「安心」。不安が安心に変わってゆく時って、愛されているという、優しい温かな気持ちが広がってゆくのですね。
私はちゃんと守られている、ということを実感した夜でした。
2日ほど、ゆっくり休んで、今ではすっかり回復してます。気づきを得た後は益々元気!

明日からは大好きな松山。ワークショップとライブとセッション、楽しんできます。

*5月26日発売のTRINITY19号、読んでくださいね。KARAが出ているのは「スピリチュアル・ガイド」のページです。1ページあるから読み応えあると思います♪ 感想なども送ってくださったらとても嬉しいです☆ 
KARAはこれから益々みなさんと一緒に楽しい!嬉しい!を探し続けてゆきたいと願っています♪
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-24 03:33 | スピリット

長屋和哉さんライブとWS in松山

明日から愛媛、松山に行ってきます。松山は私の郷里なので、途中1日あるオフには両親と一緒に温泉でも行こうかなと考えてます。

そして、5月27日の新月には松山で長屋和哉さんのライブと私のワークショップをさせて頂く予定です。

松山のみなさん、楽しみに待っていてくださいね♪ 
まだ予約に間に合いますよ、どうぞお越し下さいね。一緒に楽しみましょう。

<松山インスパイアワークと長屋和哉ライブコンサート> 
5月27日(土)新月  

 ☆インスパイアワーク : 呼吸法とチャクラ調整、頭と心が同調した意識レベルの探求他
 夕方から予定している長屋和哉さんの音を深い意識レベルで聴いてみよう♪

 ☆ 長屋和哉ライブ : 駆け抜ける音、美しい世界へようこそ!
 インスパイアワークの後、意識が拡張した状態で聴く、長屋和哉さんの久々松山でのライブです。

【場所】 愛媛県伊予郡砥部町川登  坪内邸
【時間】 
 ☆インスパイアワーク 正午〜午後3時 
 ☆ライブコンサート   午後5時半 開場  午後6時 開演
【参加費】 
 ☆インスパイアワーク   ¥8,000(予約) ¥9,000(当日)
 ☆ライブ  ¥3,500(予約) ¥4,000(当日)
 ☆ワークとライブ共通  ¥10,000(予約)  ¥11,000(当日)
 *インスパイアワークと長屋和哉ライブは、通しでも単独でもお楽しみいただけます。

【定員】 インスパイアワーク : 24名   ライブ : 100名

【連絡先】  
MUKTI  電話089-948-1809
mail  mukti@mtg.biglobe.ne.jp
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-24 00:26 | ワークショップ&イヴェント

KARAのお仲間から

KARAのクライアントさんであり、「自分創り空間アスパラ」という素敵なサロンを和歌山で開いていらっしゃるHIROMIさんからのお知らせです。

*アスパラ体験モニターデーのお知らせ

日時(ご予約可能なお時間)
5月26日(金)10:00~21:00
5月27日(土)10:00~17:00
5月28日(日)10:00~16:00
※完全予約制です。

価格:60分2000円

お申し込み: メール  (info@wakabagou.com )

詳細はこちらのブログにて♪ 
http://ameblo.jp/asparawakuwaku

15種類のカードを並べて、自分の価値観を確かめてゆくセラピーです。私も先日カードを引かせて頂きましたが、自分が大切にしているものや、手に入ったもの、苦手な物などが分かってとても面白かったです。 このカードは絵も美しく、とっても素敵。是非体験モニターに応募なさってみてくださいね♪
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-22 10:09 | ビューティフル・ピープル

グラウンディングとセンタリングの旅〜エサレン

4月21日午前5時、モンロー研究所を離れ、ヒューストンダラス空港からサンフランシスコ空港を経由して西海岸の小さなモントレー空港へ到着。 西海岸時間で午後8時半。時差3時間を含めて、移動時間合計16時間。結構な長旅です。

a0013267_23325391.jpgモントレー空港では友人のYさんが出迎えてくれた。彼女はカーメルバレーに7人の大家族で住んでいる。エサレンのワークショップが始まるまでの2日間、彼女の大家族の住む家でしばしの休息。
「大家族が住んでるなんて思えないくらい静ね」と言うと「いつもはこんなんじゃないよ、とっても賑やかなんだよ」 シャイな気づかいをしてくれたのね、ありがとう。
途中、近くのカーメルの町に出かけて隠れ家のようなヒーリンググッズを売っているお店で買い物をしたり、お茶をしたり、エサレン仲間のKさんや留学中のNさんも加わってタイレストランでガールズチャットを楽しみながらのお食事をしたりと、のんびりとした時間が過ぎてゆく。Yさん、とっても楽しかったよ、ありがとう。

4月23日、いよいよエサレン研究所へ。 エサレンへは今回で3回目。今日から5Daysのディープティシューワークが始まる。
a0013267_23485451.jpgチェックインを済ませてホットタブへ直行。 誰か来てるかな? と探してみると、ホットタブ横のマッサージブースでクラスメイトだったRがマッサージをしている。私に気づいたRは少し驚いて「Hi, momo」と笑顔で右手を挙げる。このホットタブではマッサージクルーが宿泊者の為にマッサージをするだけでなく、空いているマッサージテーブルを使って、リトリートに来ている人たちが練習をしたり交換セッションに使ったりしている。ここでマッサージをするとグンと技術が上達したような気持ちになる。ビッグサーの波を聞きながら施すマッサージ。歴代のマッサージクルーやティチャー達がここでマッサージを行って来た。エサレンスピリットが肌からハートの奥深くに、私の魂にしみ込んで来る。

ダイニングルームに向かう途中 「momoさん!」と日本語で呼びかけられる。彼女は以前KARAに訪れてくれたTちゃん。丁度同じ時期に28日のプラクティショナー認定コースが開かれていて、日本から7名もの女性達が出席していると言う。日本人のプラクティショナーがたくさん育って来ている。エサレンが日本で認知されてきたのだろう、エサレン仲間が増えるのは嬉しいな。彼女達もエサレンが好きでここまでやって来たのだ。まるで3年前の自分を見ているようだ。

a0013267_2356361.jpgディープティシューのクラスは40名もの大所帯。場所は私が認定コースを受けた時の懐かしのダンス・ドーム。大型の丸いテント型の施設だ。
ティーチャーはペリー&ヨハンナ・ホロマンご夫妻。授業の始まりには必ずムーブメント。40名それぞれが自由にダンスをする。私はこのダンスが大好き。関節や筋肉をコントロールしながら、自分の体を自由に動かしてゆく。音に乗せて、風のように、クリーチャーの様に、炎のように、水のように。ダンスの中で感情を放出してゆく。ダンスに喜びが溢れて来る。気がつくと私は40名が手をつないだサークルの中央で踊っていた。ペリーが私に向かって声をかける、「Hey,momo ここが君の舞台だよ!」。踊っちゃえ!だって体が勝手に自由に動くのだもの。

ペリーとヨハンナはアナトミー(解剖生理学)に精通し、レクチャーには筋肉組織や骨格の解剖図やスクリーンを使いながら丁寧な講義を進めてゆく。ロルフィングの技術を取り入れながら、マッサージ技術の修得が十分に出来るように、きめ細やかな説明と共にデモンストレーションを行いながら授業を進めてゆく。前回11月のロルフィングの授業がこのクラスに通じていたのだなと、ここでもガイドの導きを感じた私は一人で「ウフフ」なんて納得していた。
2人1組のペアを組み練習を行う。このクラスに出席している人たちの多くがマッサージセラピストで、しかもマッサージ歴10年以上の人や、エサレン内のスタッフ達も多く参加していて、ペアを組んで受けるマッサージも半端じゃない。気持ちいいを通り越して、満足!できるマッサージ。今まで以上に技術を高めようとしている人たちがたくさん来ているのだから、私も自ずと高い意識を持つことが出来た。それにこれはディープティシューのクラス。深部にぐぐーっと効くこの技術はマッサージに精通しているからこそ出来るスキルのひとつだろう。その技術を学び修得できたことは大きな誇りであり、喜び。 嬉しいな! たくさんの方にこのディープティシューを体験して頂きたいな。このブログ読んでいる方、どうぞKARAにディープティシュー体験にいらしてくださいね。

a0013267_0562124.jpg嬉しかった事に、このクラスで日本人で初めてマッサージクルーになったAyaと出会った。彼女とペアを組むと日本人同士なこともあり、「あ、そこそこ、丁度トレガーポイントに入ってる〜」 「痛いけど、ウぅ気持ちいい〜」なんて確かめ合いながら練習することが出来た。「momoさんが近くに住んでいれば、毎週でもマッサージに行くのに!」と彼女。Ayaちゃん、出来る事なら私も住んでみたいです、ビッグサー! 
a0013267_2173211.jpgそして嬉しい事のもうひとつ、認定コースのクラスメイトが3人も出席していた事。その中の一人、前回来た時にも会ったZacがマッサージクルーになるだけでなく、クラスアシスタントにまで成長していた。3年前には初心者だった彼がここまで成長している。若干21才。
エサレンに行かれる方、是非ZacとAyaの名前を覚えておいてね、そして彼らのマッサージを受けてみてくださいね。

エサレン最後の日、ダイニングルームで昼食を取っていると、「momo」と懐かしい声。私のファーストティーチャー、デボラが来てくれた。思いがけない彼女の出現で私は思わず涙がこぼれてきた。「デボラ、会いたかった!」。優しい目で見つめる彼女と私はハグをして再会を喜び合った。
彼女の提案から始まったエサレンツアーのプランも少し前に進んで、来年の6月か7月に決まりそうだ。ここエサレンの自然、おいしいお食事、温泉のあるホットタブ、エサレンマッサージにムーブメント、そしてエサレンスピリットを、多くの方に感じてもらいたいな。自由に、ゆったりとした時間を過ごし、自分を取り戻すことの出来る場所、それがエサレン。

私はこれからも何度もエサレンに行くだろう。心の赴くままに。
エサレン、そこは私のもうひとつの魂の故郷だから。
a0013267_0593221.jpg

[PR]
by momo_yukari | 2006-05-17 00:49 | スピリット

天使のお茶会

a0013267_2143528.jpg「天使って本当にいるの?」
私がスピリチュアルな世界に興味を持ち始めた10数年前に持った疑問です。
天使って物語の中や、天国などに住んでいるだけで、私たちの世界に降りてくるなんて思いもしなかった。周りのお友達には天使好きな人がたくさんいて「天使って可愛い!」とか「天使に助けられたの」とかおしゃべりしてました。そう話すお友達こそ天使みたいだなぁとは思うものの、自分の住む世界に天使は縁はないななんて思ってました。

シャスタ山に初めてでかけた約3年前の冬。5合目あたりにあるパンサーメドウズに出かけた時、そこには初雪が柔らかく降り積もり白銀の無垢な世界でした。その光景を目にした時に「あ、ここに天使や精霊が舞い降りて来ている」と感じました。初めてのシャスタ山の最後の朝、高原操さんに出会いました。エンジェルに導かれてシャスタ山へのツアーを始め、シャスタのガイドブック「シャスタ山の歩き方」を出版した彼女は今では私のスピリチュアル・シスターです。

昨年、もう一人別の天使がKARAの新月会に現れました。人間界の名前は「みみこ」さん。彼女は、天使ガイダンスで有名なドリーン・バーチェー博士から直接学びを受けたエンジェルファシリテーターです。初めてお会いした時に「momoさんのオーラが金色とピンク色に輝いてますよ!」と私のオーラの色を教えてくださいました。

そのお二人、操さん、みみこさんが共同企画をして、昨日KARAで天使のお茶会を開きました。私は渡米していましたので、帰国してみるとお二人ですっかり準備ができていて、「momoさん、誘導瞑想をお願いね」。 そこで3人のコラボレーションが実現しました。
みみこさんのブログで発表したとたん、半日で満席になり、キャンセル待ちの方も。
昨日はとても楽しい時間で、天使の導きで「現実化」することのアファーメーションと瞑想を行いました。いらっしゃったみなさん、とてもキラキラと輝いていらっしゃいましたよ☆


a0013267_21101019.jpgみみこさんや操さんとと又一緒に何かのワークショップをしようねと話しています。3人の守護天使とガイドさんが仲良くなったので、次回の企画は始まってしまいました。天使達が天界であれこれと準備をしてくれているでしょう。
今回事前にお伝えできずにいましたが、次回は事前にお伝えできるようにいたしますね。みなさんに楽しんでいただける、天使やガイドと仲良くなって、キラキラと輝く楽しい人生を送るコツなどをお伝えしてゆきたいと思っています。楽しみになさってくださいね。
[写真は左から、みみこ、momo、操]

みみこさんのブログ〜星の妖精〜
http://starfairy.exblog.jp/

操さんのブログ 〜虹の向こう側〜
http://shasta.exblog.jp/

今では私はガイドさんの存在無しには考えられない毎日です。ガイドさん達を信頼して、自分を委ねてゆくと、とても安心できて、スムーズに物事が運ぶのですもの♪ そして何よりもガイドさんと一緒に活動するのが楽しいの☆
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-15 21:06 | ビューティフル・ピープル

フォーカス探求の旅

【意識探求の旅 〜モンロー研究所 ライフライン〜】

a0013267_1318366.jpg4月15日伊丹空港を早朝に飛び立ち、成田経由でヒューストンダラス空港へ。
アクアビジョン(坂本政道さん代表/モンロー研究所オフィシャルスポークスマン)が開く、モンロー研究所にとっても初めての日本語によるライフライン・コースへの参加だ。

送迎のバスでハイウェイを約3時間。シャーロッツビルを過ぎ、ロバートマウンテンにある六角形の塔が見えて来た!約1年ぶりのモンロー研究所に到着。トレーナーのポールとフランシーン、それにローリー・モンローが、私たちを出迎えてくれた。
早速部屋割りが始まる。私は前回と同じ#1のお部屋。わぉ、なんと言う偶然!懐かしのチェックユニットはそのままだ。1週間このチェックユニットで合計25回のセッションを受ける。

モンロー研究所の庭にある巨大水晶も以前と変わらず静かに凛々しい姿で立っている。

今回のプログラムセッションはライフライン・コース。
フォーカスレベル22から27までの、いわゆる死後の世界の探求。
今回はガイドとの共同作業の魂のリトリーバルやF27でのヒーリング体験など、前回のゲートウェイより更に深みを増したどれも充実したセッションだった。

ゲートウェイで出会ったガイドとの繋がりは愛に満ちた確信に至り、今回のライフラインでは新しいガイドも現れてくれた。ちなみに彼はライオンの姿で現れてくれたので、私は彼を「レオ」と呼んだ。
レオの背中にまたがって魂の救済に出動! 楽しかったなぁ。
彼が言うにはF27までのガイドとして現れてくれたそうだ。
結局最後まで付き添ってくれて、F27ではエネルギー体のゆらゆらとした姿に変身していた。実はガイドには名前も姿も要らないのでしょうね。ただ単に私たちに分かりやすい方法で現れてくれているのだと思った。

セッション中にエネルギーバーツール(光の棒のようなもの)を使ったのだが、何と私は成田空港でエネルギーバーツールにそっくりなフラッシュライトを購入してた。ディブリーフィングの時に思い出して取り出した所、これがかなり他の皆さんに受けたので、モンロー研に置いてくるのがいいのかなと思い、トレーナーのポールに手渡してきた。ポールは「これからのセッションの時に皆さんに見せるね」と笑顔で応えてくれる。こんな風に役立つなんて、きっとこのフラッシュライトを手に入れたのは、ガイドの仕組んだ素敵なギフトだったのだなと笑みがこぼれた。
ちなみにこのエネルギーバーツールそっくりなフラッシュライトは成田空港出発ロビー3階の電気店で売っていました。成田から出発なさる方は是非ご購入あれ! 
Mas(坂本政道さん)も購入したいっておっしゃってたが、手に入ったかしら?

参加者のお一人が「この宇宙は愛で出来ている!」と感動していたが、単に知るだけでなく、実感することのできた愛とヒーリングエネジーに満ちたF27の世界。
ライフラインの次のコースにあたるEX27の一部を体験した時に感じた 地球生命体の躍動に満ちた命達。F27は素晴らしいエネルギーに満ちていた。

EX27で体験した地球コアはフォーカスレベルの違いによって、その姿を変えていった。
私が見て来たF15の地球コアは銀色の鉱物に近い状態、F21の地球コアは6面体のクリスタル状、そしてF27の地球コアはエネルギー体の姿となり、透明感のある虹色で、ゆらゆらと回転していた。

a0013267_1313094.jpg

巨大クリスタルの前で左が坂本政道さんと私と参加者の1さん。

F27にあると言われているモンロー研も体験した。F27を探求中に、気づいたら私はホワイトルーム(皆が集まって説明を受けたり、ディスカッションをする部屋)に座って他の参加者の方をヒーリングしていた。面白いことに彼女は別のセッションの時に私のヒーリングを体験したと語った。次元を超えた世界には時空間も超えてゆけるのでタイムラグも起きてくるのだろう、この現象がとても面白かった。 
F21やF27で互いを認識し合ったり、リトリーバルで協力しあったりと参加者同士の連携も頻繁に起きていた。

最後の方のセッションで分かったのだが、いくつか救済した魂達、実は自分自身の魂を救済していたようだ。中近東のどこかの国で、瓦礫の下に埋もれていた少女を救済した後に、彼女はF27で母親に迎えられた。初めてのリトリーバルに成功したことで少しほっとした。
その後F27のヒーリングセッション中に彼女が再び現れた。この時に彼女が過去の自分自身だったのだと気づいた。私たちは自分自身の魂の救済を行っていたのだ。
トレーナーからゲートウェイコースの時に説明を受けた「パズルのピースが埋まり、その訳が後で分かる」ということ、これも実感しました。

今回はゲートウェイを更に上回る力強い手応えを感じた。
出来れば早い時期に次のコースのEX27を体験したいな。それまでにF22~27の世界を自分なりに理解を深めてゆきたいと思っている。

このライフラインの詳細な体験は別ブログので書いてゆきますので、ヘミシンクに興味のある方は是非ご覧くださいね。

次回のブログではエサレン研究所での体験をシェアいたしますね♪
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-12 13:13 | スピリット

帰国しました!

ただいま! 
3週間の旅を終えて、無事に帰国しました。

今回の旅も昨年11月と同様に3部作の旅になりました。
第1週目が意識探求の旅、モンロー研究所。
第2週目がグラウンディングの旅、エサレン研究所。
第3週目が友情を深める旅、サンフランシスコ・ベイエリア。
全般を通じて感じていたのは感動、そして感謝! 一瞬いっしゅんが輝きに満ち、愛のサポートを感じていました。
旅の途中で新しく出会い、また再会した多くの皆様、ありがとうございました!

KARAは再び営業再開いたします。
旅で得ることの出来たエネルギーと智慧とパワーをセッションに活かして、皆様のお役にたちたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

a0013267_1254581.jpgちなみに私は西海岸で時々ネットカフェに立ち寄ってました。写真がそれです。ちょっとアートっぽいでしょ? ベイエリアの画家のお友達が撮影してくれました♪
旅についてはこれから少しずつブログに書いてゆきたいと思っています。こちらもどうぞお楽しみくださいね。
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-11 12:54 | スピリット

エサレンからサンフランシスコへ到着!

みなさん お元気でいらっしゃいますか?

今私はサンフランシスコの友人の家からアクセスしています。
今日のサンフランシスコは快晴! 私の心も体も快晴です!

一昨日エサレン研究所のワークショップを終えました。今回のワークショップもとても素晴らしい成果を得る事ができました。
ペリー&ジョハンナ・ホロマン先生のディープティシューワーク。筋膜及び筋肉の深部に働きかけるマッサージスキルを学ぶことの出来たこのワークショプでは、更にエサレンマッサージを深く理解することが出来、ここで得た技術をすぐさま実践提供することが叶う素晴らしいワークショプでした。

また、以前のクラスメイトや、私のファーストティーチャーのデボラとの再会、新しい人達との出逢いなどエサレンピープルとの出会いにも恵まれました。ビッグサーのウェイブ、レッドウッドの森、メディテーションルームの静けさ、朝のムーブメントなど、クラス以外でもエサレンスピリットは相変わらずここかしこで感じられ、エサレンのエネジーが私の心も体も満たしてくれました。ああ、もうとっても幸せ!

みなさんにもここエサレンでの体験をして頂きたいな!
来年の6月か7月にはエサレンのエクスペリエンスツアーを日本語通訳付きで行いますね。どうぞお楽しみに!

さて、私は明日からサンフランシスコでの個人セッションでこちらに住まわれる方々とお会いする予定です。今までの学びがお役にたてるなんて、なんと幸せなのでしょう。

友人の築100年というヴィクトリアンハウスの窓からは快晴のサンフランシスコの街が見えています。私は今日はランドリ−でお洗濯。お天気も上々だし、トランクの中の着替えもすっきりとさせて、またあらたな気分の一日を過ごせそうです。
残り1週間、サンフランシスコでの滞在を思いっきり楽しんでます!

Love and Big Hug, momo
[PR]
by momo_yukari | 2006-05-01 04:26 | スピリット