バタフライ・メィデン

momo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マスターキー 〜感謝〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「生き方のインストラクション」by Dali Lama

1.大きな冒険を伴う大いなる愛と行いを大切にしなさい。
2.失うものはあっても、与えられた教訓は失わないこと。
3.3Rに習う事。自身を敬い(Respect)、相手を敬い(Respect) 、自分の行動全てに責任(Responsibility)を持ちなさい。
4.求めているものが手に入らなくても、実はそれが幸運である事もあるのです。
5.ルールを学ぶと正しいルールの破り方も学べます。
6.些細な争いで大切な関係に亀裂を入れてはいけません。
7.間違いだと気付いたら、すぐに過ちを正す行動をとりなさい。
8.一日の中で、一人で過ごす時間を持ちなさい。
9.変化に寛大であれ。しかしながら自分の価値を失うなかれ。
10.時には沈黙が一番の答えである、という事を忘れないこと。
11.正しく気高く生きなさい。年齢を重ね過去を振り返る時に、二度に渡って人生を楽しめるようになるでしょう。
12.あなたの家庭にある愛に満ちた空間こそが、あなたの人生の基盤なのです。
13.愛する人との間に相違が生じたら、今起きていることだけに対処すること。決して、過去は持ち出さないこと。
14.自分の知恵を分かちあいなさい。それが不滅を実現する道なのです。
15.この地球に優しくあれ。
16.一年に一度、まだ見知らぬ土地を訪れなさい。
17.互いが必要とする以上に愛しあうところには、最高な関係が存在しています。
18.手に入れるために諦めたことが自分の成功だと判断しなさい。
19.愛に臨み、自由気ままに扱いなさい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメッセージはダライラマ法王が2005年初頭に世界に向けて発信されたメッセージです。複数の方からこのメッセージを数日に渡って受け取りましたので、シェアさせて頂きます。

今日、大晦日の新月の元、私はこのメッセージを一つ一つ私の2005年を振り返りながら、注意深く読んで行きました。

日常の中で私のマインドは止めどなくおしゃべりを続けます。雑念が頭と心にいっぱいになってきます。ある時、「そうだこの心の癖を変えてみよう」と思いました。
そう思っても自分の心の癖はなかなか変わりません。最初はその心の癖や行動に気づくところから始めました。心の癖に気づいて、その癖を止めてみることにしました。これには和尚ラジニーシのSTOP瞑想が役立ちました。マインドやアクション、呼吸さえもを「ストップ!」と宣言して1秒間止めてみるのです。ところが、これが振り払っても振り払っても、何度も同じパターンを繰り返してしまいます。そこである魔法の言葉を試してみる事にしました。この魔法の言葉は毎日何気なく使っている言葉でした。

「ありがとうございます。 感謝します」

この言葉はマントラであり、マスターキーです。 
この言葉を口にすると、それまでのネガティブなエネルギーが、す〜っと溶け出して、心がすっきりとしてきました。そして驚いた事に、出会う人からそれ以上の感謝の御心を頂けたのです。そして赴いた先々の地で、取り組んだプロジェクトで、様々な局面で物事がスムーズに展開してゆきました。

この1年、私は物理的にも精神的にも多くの旅に出かけ、たくさんの人と出会い、様々な体験を重ねて来ました。 来年も又、私は多くの旅に出るでしょう。 それは国境を越えたものであったり、精神の旅であったり、未知の体験を重ねて、次元を越えた旅もすることでしょう。もうその旅はエンドレスに始まっています。 それは私だけでなく、この地球に棲む生命達、次元の違う意識体達、あるいはこの宇宙の源さえも、誰一人余すことなく、未知の旅を続けてゆくのでしょう。

私たちは未知を知る旅のマスターキーを手に入れています。ー感謝ー
どうぞその旅が幸いに満ちたものでありますよう、心から祈っています。

2005年、ありがとう
2006年、どうぞよろしく

Love and Big Hug, momo
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-31 12:12 | スピリット

初春の新月会のお知らせ

今日、大晦日は今年最後の新月です。

新月瞑想を毎月KARAで行っていますが、今年1年もたくさんのゲストにお越しいただき素敵な新月の夜を毎月過ごす事ができました。 
そして2006年初春の新月会は1月30日に予定しています。
スペシャルゲストで長屋和哉さんにお越しいただき、音のミニワークショップとヘミシンク瞑想で月への祈りをささげます。

静寂の世界に響く、秘め事のようなささやかな音。
深く深く静かに響いて来る音と それに呼応するかのような神聖なハート。

【新月会〜長屋和哉さんによる音のミニワークショップとヘミシンク瞑想】
日時 : 1月30日 午後6時半〜9時
場所 : 大阪市北区 KARA
参加費 : 3500円
*大きいステレオジャックのヘッドフォンをお持ちください。ヘミシンク瞑想に使います。

新作CD『イリュミナシオン/冥王星』のサイン会も同時に行います。長屋さんのメッセージ付きのCDが手に入りますよ。是非ふるってご参加くださいませ。
「長屋和哉さんとの新月会」KARAへ予約メール


さて、今日 大晦日の新月は皆様はどんな祈りを捧げられるでしょうか?
今年最後のメルマガは登録していただいた皆様の元に、正午に届く予定です。
「神聖なハートを感じてみよう」というエクササイズもご紹介しています。 
どうぞこの大晦日、愛と平和の元、ご自分のハートとスピリットに繋がり、穏やかな新年を迎えられますよう、心より祈っております。
みなさま 佳いお年をお迎えくださいね。
来年もどうぞよろしく♪
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-31 00:07 | ワークショップ&イヴェント

『イリュミナシオン/冥王星』 メッセージ付き限定CDリリース☆

a0013267_22351095.jpg
長屋和哉さんの新しいCDが1月10日にリリースされます。
タイトルは『イリュミナシオン/冥王星』

発売前にその新しいCDを聴かせて頂きましたが、まるで天界から音が降って来たみたいに美しい響きです。絶版になった『うつほ』からリメイクされた『Utsuho #2』も収録されています。

長屋さんは過去5年間に渡って、毎年1枚ずつリリースされてこられて、龍村仁監督の「地球交響楽」第4番、第5番に楽曲を提供されたり、BS-iの2時間特番テレビ特集『神々の響きを求めて』に出演されたりとメディアでも取り上げられて活躍されています。ブログなどでは奥深い洞察力に満ちた文章で、独自の世界観を広げられ、その文章を読んだり、音楽を聴くたびに私はいつも長屋さんの世界から不可視の領域の影響を頂いています。それはかき立てられるような情熱であったり、静けさの汀であったり、グラウンディングしたり、上に開いて行く感覚であったり、エネルギーの渦を感じたり。
長屋さんは日本のアンビエントミュージックの旗手だなぁと心底思います。

その新しいCD『イリュミナシオン/冥王星』の発売に伴って、長屋さんのメッセージ付きのCDを限定で発売させていただくことになりました。 日本ではKARA、そしてサンフランシスコではシャスタ山ツアーをナビゲートしてくださった高原操さんのIris Inernationalだけの限定販売です。4種類のメッセージを書いていただきました。どのメッセージが届くかはCDが到着してからのお楽しみです。ご希望の方は先着順メールにて受付させていただきます。
KARAへCD予約メール
1月10日までに先行予約の方には送料サービスでお送りいたします。
あなたのお名前入りで長屋さんのサインもついてます♪

サブタイトルは「美しき世界へ、ようこそ。」 
まさしく美しい音世界が広がっています。
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-29 22:58 | ビューティフル・ピープル

愛の降る夜

今 キッチンテーブルに置いたパソコンの前で私は そのささやかな愛を感じています。贈られたキャンドルに火を灯し その炎がゆらりとゆれるのを眺めています。炎はとても小さくて ちょっとした風にもゆらゆらと揺れています。

a0013267_0415479.jpg

聖夜が過ぎてゆこうとしている今宵、 この1年に出会った方や再会した方々のお顔を思い浮かべています。思い出すそのお顔はどの方も笑顔。
心が薄曇りだった方も、涙を流した方も、思い出すのは最後の笑顔です。
どの笑顔も本当に素敵です。

誰もが皆 愛を探して、幸せになろうとしている

世界では続く紛争を終わらせたいと願う人々がいて
寒さの中、飢えに凍えている子供達がいる
お年寄りが静かに最後の時を迎えたり
シングルマザーが健気に一人で子供を育ててる

もう終わったよ その孤独の世界

誰もが皆 愛を探し出して 幸せになった
今こそ 今こそと 永遠に近い時の間 願い続けた平和と愛の世界が
今この瞬間に 祈りが現実になった

戦争が終わり 平和が訪れ
知識を知り こころも知った
ひとりの時が終わり ひとつの時が来た

今こそ ひとつの愛の世界に 皆が集って来た

今宵 聖夜が過ぎる頃に 私の心に宇宙の愛が広がりました
それは あなたが 愛の心を発信してくれたから
愛の心は 私のささやかなハートにも 届きました

今宵 世界中の人が 今この瞬間に 愛を感じています
誰一人 余す事無く 皆の心に 愛と平和が届いています

それが たった ほんの一瞬の出来事であろうとも
震えるような ささやかな囁き声を 聴く様に
皆が 穏やかな ひと時を 過ごせます様に
この小さなキッチンの片隅から 静かに祈っています。

in Holly night, Love and Hug, momo
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-26 00:42 | スピリット

催眠療法で恋人をゲット☆

 ヒーラーをしている私のもとにたくさんの方が、それぞれの心の葛藤を抱えて訪れてこられますが、守秘義務がありますので、そのセッションの内容を口外することは出来ません。でも今日はご本人のご了解を得ましたので、この素敵なお話をちょっとご紹介したいと思います。

Uさんは30代前半の男性。もやもやとした気分で何か物事がうまく運ばない、人とのコミュニケーションがスムーズに行かない、うまく自分を表現できない、今の自分が本当の自分だろうか? と思い悩んでいた所、ご友人に勧められてKARAのヒプノセラピーを受ける事になりました。

今日は3回目のセッション。 前世療法をすることになっていました。
2回目の時にうまくヴィジョンが見えなくて、今日はうまく行くだろうか? と心配気なUさん。

最初に見えて来たのは黄緑色に光る世界、はだしで立っている20代の男性。
彼の家に行ってみます。するとその家は丸い形をしていて白い扉が真ん中に一つ。家の中には木のテーブルが一つだけのあまり広くない一部屋だけの小さな家です。彼はその家に一人で住んでいました。畑を耕し農作物を作り、無中で仕事をこなします。

別の場面に切り替わると、そこには遠くの方に女性が見えています。小柄な丸顔の女性で赤い服を着ています。彼は彼女の事が気になるのですが、近づきたくても近づく事ができません。遠くから見ているだけです。彼女は現実において、彼の知っている人でした。
彼女の姿は下半身が何かで隠されています。前に進みたいのですが、足下を見ると壺がびっしりと埋まっていて、この壺が邪魔をして前に進めないのです。

彼は前に進む事を決断します。彼はこの壺を一つひとつ持ち上げて除けながら前に進んできます。持ち上げると案外すっと持ち上がる軽い壺でした。
やっと彼女のそばにくると、彼女はカウンターに肘を持たせて、ニコニコと笑っています。彼女の下半身が見えなかったのは、このカウンターのせいでした。二人を隔てているのも、このカウンターです。カウンターごしに彼女を見つめます。
彼は彼女を目の前にして自分の気持ちに気づきます。 「彼女を愛してる」と。

とうとう彼はこのカウンターを乗り越えます。彼はこの時、感極まって、涙を流していました。
彼女に自分の気持ちを伝えますか? と尋ねると「はい!」
彼は彼女に伝えます 「愛してる」。 その声は涙声でした。そして彼女を胸に抱きます。
彼女は安心したように胸に抱かれていました。 彼も彼女を抱き続けます。

セッションが終わってから彼に尋ねてみました 「彼女に今の気持ちを伝えたいですか?」
 すると彼は「はい! 今から彼女に会って、勇気を出して伝えます」。

壺は自分の心の葛藤の象徴です。 それを一つひとつ丁寧に除きながら前に進む勇気を示した彼はとうとう愛する人の元にたどり着きました。 
二人の間を隔てていたカウンターは「乗り越える」という彼の勇気を試された試練です。
途中から前世と願望とが切り替わったようでしたが、これは催眠療法においてはよくある事です。 自分の気持ちを伝えるという、近未来の自分の姿も彼にはちゃんと見えていたのです。

現実においては、言葉にして自分の気持ちを表現して、行動するのが愛です。
思っているだけではただの憧れです。憧れのままでも良ければそれでもいいのですが、彼は催眠療法で見たヴィジョンを現実の行動に移そうとしています。この行動が愛の力なのですね。
今頃はもう彼女に愛を告げているでしょう。
彼らの愛が成就して素敵なクリスマスを過ごせます様に、祝福したいですね☆ 
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-21 22:53 | セラピー

エサレン入門コース と レイキ交流会、新月会

私のヒーリングセラピーではボディ(体)、マインド(心)、スピリット(魂)の三つをバランスよく整えてゆく、本来の自分自身のあり方に気づいて頂くことを心がけてセッションを行っています。エサレンボディワーク、催眠療法、レイキの3つのヒーリングスキルをベースにして、クライアントの方にセッションの現場でそれぞれの方に必要なヒーリングを行っています。そして、セッションからもう一歩踏み込んで、ヒーリングそのものを日常に役立ててもらったり、専門的に学んで頂ける方法を探していました。クライアントの方のご要望もあり、やっと来年から本格的に動き出して行きそうです。

レイキ交流会とエサレン入門コースが決まりました。

レイキ交流会では、KARAでレイキを受講された方だけでなく、これからレイキを学んでみたいと思われる方にも窓口を広げたいと思っています。 レイキは日本生まれのハンドヒーリング。今では世界的に認知されているスタンダードなヒーリングです。私自身も10年以上レイキに親しんで来て、今ようやく広く皆さんに親しんで頂ける方法のひとつに着手することが出来る様になりました。既にこのブログでもご紹介しましたが、今年の秋からはミネソタ大学では看護学の授業の一環として取り入れられていると、この大学に通う私の友人から教えてもらいました。『大学で受講できるレイキ』
このレイキを日常の中で活かして、レイキを継続的、習慣的に使っていけるように、レイキを学んだ仲間達と一緒に楽しくレイキの輪を広げてゆきたいと思っています。

また、私の愛するエサレン研究所からディーン・マースン先生にお越しいただいて、来年の6月にエサレン研究所認定のエサレン入門コースを3泊4日で開催いたします。それに先立ちまして、エサレン(R)ボディワークのデモンストレーションやセルフケアのミニ・ワークショップをプログラムに取り込んだ入門コースの説明会を1月に開催いたします。 
エサレンでは先生も生徒も名前で呼び合います。私の先生はディーンとデボラ。そのお二人とも私の事も「momo」と呼びます。互いの信頼関係に基づいていれば、尊敬を持って先生の事も「ディーン」、「デボラ」と名前で呼ぶ事ができるのです。エサレン研究所ではワークショップで学ぶ専門知識以外にも、自由な気風と深い心のつながりを学ぶ事ができました。
その大好きなエサレンからやって来てくれるディーン。彼はエサレンでも長年の実績と経験を持つティーチャーです。エサレンを本格的に学んでみたい、エサレンってどんなセッションをするの? という方、どうぞ是非この説明会にお越し下さいね。探していたマッサージスキルを学べるボディワークをここで見つけてください。

又、恒例となっています新月会。
1月29日が新月ですが、エサレン説明会の翌日のファーストムーンとなる1月30日に行います。たっぷりとヘミシンクの音を聞きながら、深いアルファ波の変性意識のもと、潜在意識にダイブして、2006年の願いを叶えてまいりましょう。
実は次回の新月は12月31日。大晦日の新月にはどうぞご自宅で1年を振り返り、そして来年を思い、新月の願いをなさってくださいね。きっときっと、今年以上に素晴らしい出来事が起きる事間違い無し!ですよ。 感謝と愛がご自身を更に成長させてくれ、新しい月様はあなたが送ってくれた愛以上に願いを叶えてくれます。実は私の願望達成率は8割です♪ 来年も、もっと良くなる☆ 感謝、love
a0013267_22261763.jpg

*エサレン研究所
*******
【レイキ交流会】
2006年1月8日(日) 午後2時〜5時
内容 : レイキマラソン、セルフヒーリング、プラーナとオーラを見る!
会場 :  KARA
大阪市北区本庄西3−7−8
参加費:2500円(一般)  2000円(KARAレイキ受講生) 
定員:10名
ご用意いただくもの : あなたの両手

【エサレン入門/認定コース説明会】
2006年1月29日(日) 午後1時半〜午後4時
講師: ディーン・マースン (エサレン研究所ティーチャー)
内容: エサレン(R)ボディワーク入門コース及び認定コース説明、ディーンのマッサージデモンストレーション、セラピストの為のセルフケア、エサレン研究所の紹介および質疑応答
会場 : :セルフプロデューストレジャー
大阪市北区南森町2-3-13 セリーンムーン2階
参加費 : 1500円 定員:20名
ご準備いただくもの: バスタオル、フェイスタオル、動きやすい服装、飲料水

【新月会】
2006年1月30日(月) 午後7時〜9時
内容: 月への旅、ヘミシンク瞑想、願望成就、愛と感謝の祈り
会場 :  KARA
大阪市北区本庄西3−7−8
参加費:3000円  定員:10名
ご用意いただくもの : ヘッドフォン、ワクワクする好奇心

*******
お問い合せやご予約はメールでお気軽にどうぞ♪
karaへメール
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-19 22:27 | ワークショップ&イヴェント

満月の祈り

16日(金)の満月の夜、カフェGATOで暖かなライブコンサートがありました。
歌ってくれたのはスピリチュアルシスターの吉本有里さん。

彼女とは、彼女の家を解放してのリトリートで一緒にお仕事したり、エサレン研究所へ共に旅をしたりと、仕事とプライベートの垣根なく共に動いて行ける信頼できる友の一人です。

a0013267_17191231.jpg


バック演奏には音楽パートナーの下村誠さんのギターと、風の楽団で有名なサックスの山本公成さん。 下村さんの夢の中に有里さんが出て来て歌を歌い、それをリズムと歌詞を聞き取って、実際の歌に作り上げてゆき、その歌を有里さんが現実のこの世界で歌います。3次元を越えた別の次元の歌をこの3次元に表現しているのですね。
山本公成さんはハグすると暖かいハートがじわ〜っと伝わって来るハッピースピリットの方です。

集ってくださったのはKARAとご縁のある方々や有里ちゃんのリトリートに参加された方。そして、このライブの事をお友達から聞いて初めて有里ちゃんの歌を聞きに来てくれた方などなど。

スタッフをつとめてくれたのはKARAでクライアントさんとして来てくれていて、その後やはり有里ちゃんのリトリートに参加、しっかりと心で繋がった方たちで、自らスタッフを希望してくれました。

ライブは約2時間、美しい声と揺るぎのないしっかりとした演奏がその歌を支えてゆきます。カフェの中は暖かく、優しい波動に満たされてゆきます。最後に歌ってくれた「体を持たないもう一人のわたし」。これは有里さんが私の実家にお泊まりされた時、亡くなった母の為に歌ってくれた夜に出来た歌でした。この歌を歌ってくれた時、母のきらめく魂がピカっと光るのを感じ、「あぁ、母もとても喜んでくれているんだなぁ」と、この歌が流れ始めると私はいつも涙が流れます。

ライブのお客様、スタッフ、そしてカフェGATOさん、みなさんのお陰で出来上がったライブでした。みなさん、ありがとうございます。
みなさんの満ち足りた笑顔、交わし合う言葉の優しさ、暖かいハグ。 みなさんの幸せなエネジーを感じることが出来ました。
あぁ、私はいつもこの優しいエネジーを感じさせて頂く為に、このようなイヴェント企画をさせてもらっているんだなぁ、幸せだなぁ。

今年のKARA主催のイヴェントはこのライブで終了しましたが、 20日には私は京橋画廊で開かれる「癒しフェスティバル」に出展いたします。たくさんのヒーラーやチャネラーさんが参加されますよ、どうぞお越しくださいね。

また、KARAではヒーリングや音楽を通じて、お互いの交流を深め合い、気づき合うスピリッチュアル・サークルの輪をつないでゆきたいと思っています。来年もますます充実してまいりますよ!  随時このブログでもお伝えさせて頂きますね。これぞ!と思うものに初めての方もどうぞ気軽〜〜〜にご参加くださいね。

来年第1弾としては1月8日レイキ交流会を始めます。月に1回程度を考えています。近いうちに詳細をお知らせします、楽しみになさっていてくださいね♪
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-18 17:43 | ワークショップ&イヴェント

新しいスピリチュアリティの夜明け


a0013267_228679.jpg

都会の空が美しくなって来た。
私のスタジオは大阪キタに徒歩でも20分程、都市生活に便利な自転車を走らせると10分程度で行ける都心部にある。西側のベランダのすぐ前に広めの公園があるおかげで、スペースが広がっていて、かすかに淀川が見え、今年の夏の花火の頃には真正面に美しい光の花が部屋にいながらにして見えた。群れなすビルも、ここから少し離れているので視界を遮るものがほとんど無く、空がよく見渡せる。
そして、夕陽の時刻になると、セッションルームにしている部屋に最後の輝きを放ちながら沈んで行く太陽の光が部屋の中央部にまで差し込んでくる。私はこの夕陽の頃が大好き。ベランダの窓を開け放ち、公園の上に広がる空を見上げる。空の模様は一回として同じものは無い。太陽が刻々と沈んで行き、空の色がそれに連れてピンクから紫色に染まり、雲が黄金に光り始める。太陽はさらに速度を早めてオレンジから真っ赤に輝き、遠くビルの中に沈んで行く。空は紫紺からオレンジのグラディエーションの薄絹のような滑らかさを帯びている。西側には宵の明星、金星が輝きだし、夜の帳が降り始める。すでにその頃になると空は紫紺から闇色に変化し始めている。都会の闇が広がって行く。太陽は地平の奥深くに潜り、光は闇に吸い込まれて行く。闇が光を凌駕してゆく。

闇を思う時、私はセドナからフェニックスへと向かうフリーウェイを走った夜を思い出す。フリーウェイの測道に車を停め、ひと時の休息を取った。街頭の明かりが全く無いフリーウェイの上には闇が広がっていた。360°の夜。しかしその空には満天にちりばめられた星星の瞬き。闇の中に北半球から見える全ての星が集まってきたかのような星の群れ。闇の中で輝く光。光は闇の中でその存在を明らかにする。闇は光を無言の中に包括する。夜の空に広がる闇と光。それは共に互いの存在を、争う事無く、競い合う事無く、ただ存在を認め合った調和の姿のように見える。

心を思う時、私は闇と光を思う。悲しみや苦しみをあたかも闇の様に感じている人よ、どうかそれは心の中に輝く一点の光が瞬きを放つため、その輝きを見い出すための愛しい母の胎内の様なものであることを思い出して欲しい。闇は豊かに光を育む母の胎内。心の中に広がる闇も又、私たちの生命と精神を育む豊かな無限の愛を放っていることを思い出して欲しい。

空を見上げる時、時を同じくして、或いは次元を越えて光と闇が存在する。共に自然にあるがままに存在している。自然に学ぶことの出来る私たち生命が、私たち精神がどうしてこれが出来ないでいようか。私たちの中にある生命と精神の力が今、目覚めようとしている。それは自然に湧き起り、私たちの目を覚ます。ただじっと待っている訳ではない、自然に湧き上がってくるその目覚めを精神の力が呼び覚ますのを促すのだ。 夕陽が翌朝、朝陽となって蘇ってくる自然の摂理があるように、新しいスピリチュアリティが目を覚ますのを、育み、産み落とされるのを自然に迎え入れよう。それはファンファーレを伴って迎え入れるような派手なもので無く、ただ自然に、明日の朝目覚める様に、穏やかに迎え入れよう。その精神の力は誰の中にも眠っているから。
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-13 02:22 | スピリット

ゆるくりな新月の夜

a0013267_030445.jpgゆるゆる、ゆっくりで「ゆるくり」
この言葉は昨夜新月会で素敵な歌を歌ってくれたニライカナイのヴォーカリスト、相澤淳子さんの造語です。
彼らの歌を聞いたとたんに、細胞がアワぁ〜〜〜っと喜んでいました。

命を喜び、先に生きた者を讃え、海に憧れ、星を愛でる
こんな心を呼び覚まさせてくれる歌。
ニライカナイ、永遠の楽園。

a0013267_0311336.jpg新月会に集ってくれた皆さんの心も 「ゆるくり」 と喜んでたいましたよ。
新月の瞑想では月の聖地に行けた人も、行けなかった人も、それぞれに意識の旅をなさったようです。
いいなぁ、こんな夜。 
歌を聴いて、心が溶けて、意識の世界が広がって、旅が始まる。
私たちは自由なんだ、どこまでも自由に飛んで行けるんだ、心が喜ぶままに。

どこかで「ニライカナイ」このバンドの名前を聞いたら、是非彼らの歌に耳を傾けてみてください。 彼らの歌を聴いて、ゆるくりと心が解き放たれてゆくのを感じてみてくださいね。 

次の新月は12月31日。大晦日の新月。 年を越しながらの新月への祈りとなりますね。新月会はお休みとなりますが、みなさまの元へ無限の愛が降り注ぎますように☆

Love, momo
[PR]
by momo_yukari | 2005-12-04 00:31 | ワークショップ&イヴェント