バタフライ・メィデン

momo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月のイベントのお知らせ

松山でのセッションとワークショップを終えて、大阪に帰ってきました。
月に1回の松山帰り、4回のワークショップは最後は笑顔と平和なサークルで幕を閉じました。「でもこれは最後ではなく、始まりだね」と笑い合った参加者の方々。出会えてよかった、ありがとう松山の仲間たち。

しばらくは大阪に腰を落ち着けてKARAのセッションとワークショップを行ってゆきたいと思っています。エサレンで学んだロルフィングの手法もあらたにエサレンマッサージに加え、シャスタ山やセドナで吸収した大自然のエネルギーも発揮できればと思っています。

12月には関西で有数のロルフィングの先生、西岡寛先生をお迎えしての「姿勢を見直す」の5回コースもリニュアルして開きます。
魂の姉妹、吉本有里さんのライブも満月の夜にあります。
まずは2日の新月会、どうぞ行ってみたいなと思われるイベントに是非お運びくださいね。

************
12月2日 「新月会」

◆ピュアなバンド、ニライカナイをお迎えして、心地よいハートウォーミングなライブと、その後に恒例の新月瞑想を行います。 

時間 : 午後7時〜9時
ゲスト:ニライカナイ (歌姫、相澤淳子さん率いるピュアなバンドです)
参加費: 3000円
場所: KARA (大阪市北区本庄西3−7−8)

************
12月11日 「オイルボディワーク1Dayコース」

◆エサレン研究所のエサレン(R)マッサージの手法を学びたい方、興味のある方に取り入れていただきたいマッサージ技術をお伝えします。

時間 : 午後1時〜4時
対象者:オイルワーク初心者の方、エサレンマッサージに興味のある方
参加費: 20,000円
場所: KARA

************
12月14日 「姿勢を見直す」

◆体の達人、西岡寛先生を講師に学ぶ体の使い方。マッサージの質が更に向上します。

時間 : 午後1時〜4時
講師 : 西岡 寛先生
対象者:マッサージセラピストの方、または習得中の方
参加費: 10,000円
場所: KARA

************
12月16日 「吉本有里ライブ〜満月の祈り〜」

◆祈りは日々の中にある。満月の夜、心を溶かすメロディーに出会ってください。有里さんの歌は誰もの心の中にある柔らかい部分にそっと響きます。

時間 : 午後6時半 開場 午後7時 開演
出演: 吉本有里(ボーカル、ギター、バイオリン) 下村誠(ギター) 山本公成(サックス)
入場料 : 3000円(前売りご予約) 3500円(当日)
場所: カフェ GATO (大阪市北区本庄東2−12−18)

************
12月20日 「癒しフェステバル at京橋画廊」

◆癒しフェスティバルへの2回目の出展です。とても温かい波動に満ちたフェスティバルです。

時間 : 午前11時〜午後5時
入場料: 無料
セッション: 2000円(20分)フェスティバル特別料金 
 *ご予約は kara@momo.muまで
場所: 京橋画廊 (大阪市都島区東野田町2−8−13)

***********

いずれのワークショップ、イベントも定員がございます。
お早めのお問い合せはKARAまでお知らせくださいね。

kara@momo.mu
Tel : 090−2061−4860 KARA小島momoゆかり

皆様と笑顔でお会いできるのを楽しみにしています♪
[PR]
by momo_yukari | 2005-11-22 22:09 | ワークショップ&イヴェント

秋のリトリートを終えて

西海岸から帰国後すぐに長野の有里ちゃん家を解放してのリトリートWSに出かけて、昨夜帰ってきました。

季節ごとに開いているリトリート。私は今回で3回目のヒーラー参加でした。毎回参加者の方々の心が緩み溶け出してゆくプロセスを、3泊4日を通して、山室の自然と有里ちゃんの母性、裏方スタッフ達の慈愛が支えてゆきます。

前回のシャスタツアーの時にも感じたことですが、人が変化してゆこうとする力は本当に素晴らしい力に満ちています。私はその姿に接するたびに感動を頂いています。個人セッションでは、また更に大きく開いてゆく魂たち。それはこのリトリートでの自然の環境や、スタッフ全員の心の支えがあるからこそ、自ずと開く準備が整ってくるのですね。

おいしい心のこもったお食事、子供たちの遊ぶ声、薪のお風呂。
便利な都会住まいの私には、この高遠での環境はいつも軽いカルチャーショック(笑)。でもこの素朴な環境がいいんだなぁ。

シャスタツアーといい、今回の長野リトリートといい、私は素敵な魂の姉妹と一緒にお仕事できるのが、本当に嬉しいです。
ありがとうね、有里ちゃん。
ありがとう、リトリート参加のみなさん☆

長野のリトリートは季節ごとに開いてます。
次回は1月20日から冬のリトリートです。
春のリトリートには西海岸からCannon三津子さんがヒーラー参加されますよ。
夏も決まっていて、夏休みをかねて2回開かれます。まだ先のことですが、これ絶対おすすめ! 天然サウナで汗を流したあと、ジャッボ〜んと山室川にそのまま飛び込みます、すごく気持ちいいの。
長野の有里ちゃんちに、ご縁のある皆様、一緒に遊びに行きましょうね♪
最近ではリトリートの人気が出てきて、早めに申し込まれる方が多いようです。
「行きたい!」と思った時を逃さず、有里ちゃんまでお申し込みくださいね。

吉本有里さんHP  http://amanakuni.net/yuri/

さて、今週末19、20日には松山でのワークショップと個人セッションです。 故郷松山で広がり繋がるスピリチュアルでハートフルな仲間たちとの輪。今回のワークは西海岸後のこともあり、どんなことになるのでしょうね? 松山でお会いできる皆さん、楽しみになさってくださいね♪
[PR]
by momo_yukari | 2005-11-15 13:29 | ワークショップ&イヴェント

白と赤と青の旅〜シャスタ、セドナ、エサレン

白くそびえる聖なる山、シャスタ
赤い大地のヴォルテックス、セドナ
青い海と空、魂の故郷、エサレン

3週間ほどをかけて旅を続けてきました。私は昨夜遅く帰宅して、今自宅からアクセスしています。

この3部作の旅は大自然の元で多くの心の友とつながってゆく旅でした。

自然が教えてくれた目に見えないエネルギーとスピリット。そこにはいつも人の笑顔と笑い声が響いていました。私は今くつろぎながら自宅の椅子に座りこの旅を少しずつ振り返っています。たくさんの体験をしましたが、今はただただ感謝の気持ちがあふれてくるばかりです。

**************************

a0013267_2215419.jpg
白い旅ーシャスタ

白い山、シャスタ。グランドマスター、St.ジャーメインのスピリット、古代から連綿と息づくネイティブインディアンのスピリットが宿り、人と精霊たちが交信する聖地シェスタ。この旅では初めて企画した海外ツアーで皆さんとご一緒してきました。

参加者15名、共同企画の高原操さんと、アメリカ初公演の長屋和哉さんと共に泣き笑いの珍道中。でもこれが素晴らしかった。一人一人の体験が共に旅する仲間と響き合い、支え合い、意図せぬ大きな癒しが起きました。

帰りのバスの中である方がシェアしてくれた「シャスティーナはお母さん、シャスタはお父さん、ベビーシャスタは私。 今まで誰かに依存して生きてきた私。これからは自分の力で立つ事が出来ます。お父さん、お母さん、ありがとう」。頭で分かっていたこと、でもそれを、心の底から実感した彼女の言葉。彼女の心に生まれた気づきを言葉にした勇気に、彼女の中に芽生え生まれてきた変容に深い感動を覚えました。また、それ以上にたった一人の変化が周りの人たちを深く癒してゆく力があるのだと気づかせて頂きました。オープンマインド。彼女の中に生まれた心の力が共に旅をした仲間に大きな影響を及ぼしてくれました。きっと彼女のこれからの人生の日常の中で、この言葉が浸透してゆき、彼女自身に更に大きな変容をもたらすことでしょう。それはこのツアーを共にした人たち一人一人の中にも生まれ育ってゆく変容なのだと思います。感謝☆ 
これはこの旅の一つのエピソードです。でも彼女のこの気づきがこの旅を物語ってくれるような気がします。シェアしてくれたHさん、ありがとう。

シャスタでの最後の朝、私はダイニグテーブルを囲む皆さんの平和な光景を見て、思わず胸が温かくなり、涙がこぼれてきました。
朝の陽射しの降り注ぐ食卓、笑顔でいただく心のこもったお食事、人の笑い声。
平和以外の何ものでもない優しい、優しい光景でした。

a0013267_221962.jpgそして、今回ツアーメインを飾ってくれた、アメリカ初公演の長屋さん、彼の演奏は力強く繊細にシャスタの山々に木霊しました。その音は参加者の心と現地の聴衆の皆さんの心へも響きました。闇の中で赤く燃えるスウェットロッジの石がその象徴でした。彼の音が赤く燃える石のように、深く熱く心の底を溶かし揺さぶってゆく。古代のシャーマンの魂を引き継ぐ者、長屋和哉さん。シャーマニックな原始の音が長屋和哉という一人のミュージシャンが奏でる音に乗りうつり、まるで現代に蘇ってきたかのようでした。
どこまでも自由に飛翔することの出来る魂。その魂の乗り物、この身体をつかって私たちは力強く、そして繊細に生きてゆくのだと、現代に蘇ったシャーマンの音が白い山に、私たちの心深くに響いてゆきました。

*写真はライブ後の長屋さんと私。二人ともうさと服です☆

来年は彼の音が赤い大地、セドナに響きます。そう、来年はセドナツアーです!
今回続いた旅セドナが来年のツアーの下見になったとは旅に出る前には予想もしていませんでした。


**************************
赤い旅ーセドナ

a0013267_2301254.jpg3人の小娘たち(私もその一人です!)が赤い大地を銀色のバンで走り抜けました。体格の良いアメリカ人から見たら私たちなんて小娘も同然ですもの(笑)
「クロス」 これがこの旅の象徴でした。
人生のクロスロード。分け知らず、気づかずに走ってきた今までの人生。まるでその人生の分岐点を、私は共に旅する仲間と支え合いながら走った赤い旅だったかのように感じています。

a0013267_2574613.jpg赤い岩キャセドラルロックやエアポートメサ、針葉樹や紅葉した広葉樹、そしてサボテンの群生、巨大な山が割れ落ちたような壮大な崖の景観のグランドキャニオン。暖かく深い胎内のようなアンテロープキャニオン。
そこは人の知恵も及ばぬような、物言わぬ大地と岩と山の精霊達の棲む聖地。
この大自然の中、この地で生きてゆくには精霊たちに尊厳をもって自然と折り合いを付けながら、人の智慧を次の世代につなぎながら生きてゆくネイティブの方々の叡智を感じました。古代の声がこだましてくるような赤い岩の向こう側、そこには果てしなく広がる真っ青な空。

セドナでの最終日、現地を案内してくれたイルちゃんがこう言いました「ここセドナではピントが合うのよね」そう、ファジーな部分が見当たらない。ぴたっとピントが合って、視界も心の様もくっきりと視えてくる聖地がここセドナ。

*写真は左から私、現地を案内してくれたイルちゃん、セドナをご一緒したてるさん。

a0013267_2274436.jpg走行距離約1200マイル。走りました(笑)
気持ちよかった。 走りながら感じ続けた風と大地。
赤いヴォルテックスは私をどこまでも気持ちよく走らせてくれた。 うん、大丈夫、これからも走る事ができる!


**************************
青い旅ーエサレン

私のもうひとつの魂の故郷、エサレン。
あぁ、また帰ってくることが出来た!

今回参加したワークショップはロルフィング。マッサージの授業が受けたかった私で、実は日程の都合上決めたWSでしたが、ティチャーがとても素晴らしかった。
a0013267_2395585.jpgPh.Ed Maupin。 彼はロルフィングの創始者、アイダ・ロルフから教えを乞い、彼独自の身体構造技術を開発された方です。 授業は当然ながらすべて英語で、その内容の半分以上理解に苦しみましたが、「実践重視よ!楽しもう!」と心を立て直すと、不思議なものでクラスメートが私を自然に受け入れてくれて、リラックスしてクラスに溶け込むことが出来ました。2年前の認定コースで一緒だったラスに出会ったことも大きな助けになってくれました。ありがとう、my dear, Russ!

*写真はRussと私です。

a0013267_3524470.jpg
2年前の認定コースでやはりクラスメートだったZacが大きく成長して、エサレンのマッサージクルーになっていました。クラスメイトの誇りです、嬉しかったなぁ。エサレンに行かれる方、Zacのマッサージセッションを受けてみてくださいね、20代前半のなかなか良い男っぷりです。

*Zacと私。思いっきりハグしてます♪

ヘルシーな食事、自然な姿のままで男女一緒に入る温泉、ビッグサーの海とレッドウッドの森。ここエサレンではいつもありのままのナチュラルな私に戻る事ができます。

仲良しの吉本有里ちゃんとさほちゃんもヨガのクラスを受講。彼女たちも大のエサレンファンになりました。ちょうどハロウィーンの時期。楽しいパーティもありました。私は持って行っていた白いうさと服のドレスを着ましたが、大好評♪ 「美しいね」と言ってくれたり、ヒュ〜と口笛を吹かれたり、お姫様気分で気分は上々、女は褒められると嬉しいものです(笑)

a0013267_2383557.jpg私のマッサージティチャーの一人、大好きなデボラにも再会。 ディナーを一緒にしているときに「momoツアーを組むのなら、なぜ皆をエサレンに連れてこないの?」という問いかけ。そこから生まれた自然な会話の流れの中から、エサレンツアーも計画に持ち上がりました。現地ではお友達が日本語通訳についてくれることもその場で決まりました。話が早い!これもシャスタマジックが続いている証なのかしら? 
時期は未定ですが再来年の春には実現したいなと思っています。、日本語通訳つきのエサレンツアー、エサレンに行ってみたい方、ぜひご一緒しましょう♪

エサレン近辺のガイドは有香さんという頼もしい人がカーメルに住んでいます。エサレンに行かれる方、有香さんに連絡を取ってみてください、彼女がモントレーやカーメルの美しい場所を案内してくれますよ! 実は彼女のガイドの話も今回私たちを案内してくれたことから生まれてきました。マジック続きです!
有香さんは美しいフォトショップの作品をサイトで展示しています。
ここ → http://www.e-earthborn.com/gallery/

*********
西海岸最後の夜ーサンフランシスコ

a0013267_2441894.jpg3部作の旅の最後の夜、エサレンに一緒に行った吉本有里さんのライブがジャパンタウンの桑港寺でありました。アレンジしてくれたのは操ちゃん。

*写真は左から、私、有里ちゃん、操ちゃんの魂の3姉妹です。

サンフラン在住のみなさん、エサレンから有里ちゃんファンになったヨガのクラスメイトもかけつけてくれ、温かいハートウォーミングなライブでした。
やっぱり有里ちゃんは森の精霊のスピリットを宿している人なんだなぁ、って彼女の歌声をエサレンの芝生の上や、この桑港寺で聞きながら感じていました。

そう彼女がまた関西に歌を届けにきてくれます。
12月16日、天六のカフェバーGATOにて午後6時半から。
今受付していますので、お電話かメールをくださいね。
受付電話はこちらです 080-3111-7838(田中)
サイトはこちらです。 http://momo.mu/event_archive/051216.htm

サンフランではSF森のイスキアを主催されるYさんにマッサージをする機会に恵まれました。エサレン滞在直後のマッサージ。
マッサージ中、彼女はまるで波に揺られている赤児のようで、「愛して、愛して、愛してる」と彼女の身体の中に棲む神聖な魂からの呼び声が私の手に伝わってきます。終わった後の彼女の顔は生まれたての赤ちゃん。
私はセッション後のこの瞬間に立ち会わせていただく度に、神聖で清らかな気持ちを呼び起こされます。エサレンマッサージは受ける側だけでなく、ギヴァー(与える側)にも多くの恩恵をもたらしてくれます。
このマッサージは私にとっても特別なもので、エサレンのエネルギーをたっぷりと発揮することのできるセッションでした。その機会を共有することができたYさん、ありがとうございました!

サンフラン最後の夜は人の心の温かさを感じた夜でした。
そして私の魂の姉妹たち、操ちゃん、有里ちゃん、さほちゃん、それにSFに住む今回お知り合いになれた日本の方々、皆さんお一人おひとりの心の美しさが私の心を温かくさせてくれました。ありがとう。

**************************
旅のお土産

セッションにお越しいただいた方にお裾分けできたらと思い、3部作の旅のお土産を持ち帰りました。
ホワイトセージ・スマッジとパワーストーンをご用意しています。なくなり次第の早いもの勝ちで申し訳ありませんが、KARAのセッションにお越しいただいた方、お土産つきでお待ちしていますね、楽しみになさってください。


**************************
雑誌トリニティのMook本に掲載されました☆

旅行中、10月30日に発売された「不思議サロンの凄い実力」(トリニティMook本)にKARAを掲載していただきました。書店でお買い求めになってお読みになってみてくださいね。4ページに渡って掲載されています。感謝☆


**************************
さて、今回のブログずいぶん長くなりましたね。
この20日間の旅を共に旅してくれた皆さん、旅先で出会った皆さん、お一人お一人のお名前を今私は心の内側で呼んでいます。
その名前が美しく優しく胸の内側に広がってゆきます。この旅は一生の思い出に残る旅になりました。それは皆さんとの出会いがあったからです。また、この旅を心で応援してくださった方もいらっしゃることと思います。皆さんに支えられて無事に旅を終える事が出来ました。
本当にありがとうございます。みなさんのおかげで、愛と友情を深める旅が出来ました。

さぁ、これから私はまたエネルギーいっぱいに、みなさんのお役に立ってゆきたいと思っています。私はエネジーを伝える者。これから出会う方、再会する方、私のセッションやワークから、この旅で得た力強く繊細なエネジーを感じて頂けたら幸いです。
奇跡の旅はまだまだ続いています!
来年のセドナ・ツアーをどうぞお楽しみに☆ご縁のある方一緒に魂の旅をいたしましょうね♪

そして、最後にこの旅を最初から最後まで力添えしてくれた、高原操さん。
あなた無しでは実現することの出来なかった今回の旅。 あなたの友情に深く感謝しています。
ありがとうございます。 愛してる。

Love and Big Hug, momo
a0013267_2522213.jpg

[PR]
by momo_yukari | 2005-11-09 01:59 | ビューティフル・ピープル

エサレンからサンフランシスコへ

a0013267_1605641.jpg
今日、エサレン研究所からサンフランシスコへ到着しました。

セドナからエサレンへ向かって、今回エサレンではロルフィングのワークショップを受講。先生はプロフェッサー、エド・モウピン先生。身体構造の構築を学んできました。授業は先生のおかげもあり、とても有意義でありながら、ジョークまじりの楽しい雰囲気。クラスメイトは8名で何と2年前の認定コースで一緒だったラスに再会。大好きなマッサージティチャーのデボラとの再会や、驚いたことにやはり2年前に認定コースのクラスメイト、20代前半のザックがエサレンのマッサージクルーをしていたり、驚きと再会の連続でした。


a0013267_16112380.jpg
エサレンの日々は学びとリトリート。
温泉にゆったり浸かって、エサレン・マッサージも受けてきました。もう体も心もゆるゆるに緩んでいます。
2度目のエサレンは以前と何も変わることなく、「帰ってきたよ〜!」と懐かしさがこみ上げてきて、ひたすらその瞬間瞬間を楽しみました。

*写真はプロフェッサー・エドと私。エドは禅ブッディズムにとても興味を持っています。

今回の旅はすべてが笑いと喜びと友情と愛に包まれていました。
そして、西海岸で出迎えてくれた友人たち、一緒に旅を続けてくれた仲間。すべての人たちに感謝です。
みんなつながっているんだ。
ありがとう、西海岸。
ありがとう、仲間たち。


今夜は西海岸最後の夜。
明日帰国の途につきます。

Love and Big Hug from West Coast, momo
a0013267_16102745.jpg

[PR]
by momo_yukari | 2005-11-06 16:10 | ビューティフル・ピープル