バタフライ・メィデン

momo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キリクと魔女

今夜はDVDを見て夜を過ごしました。
「キリクと魔女」
2003年劇場公開された スタジオジブリの洋画作品です。

小さな生まれたての男の子キリクは、お母さんのお腹の中にいる頃から言葉を話す不思議な男の子。 舞台はアフリカの小さな村。 村は魔女の呪いで男達は皆魔女の餌食となり、残されているのは老人と女と子供達だけ。キリクは不思議に思います「何故、魔女は意地悪なの?」 その答えを求めて山の賢者に会いに行きます。キリクが冒険の旅に携えているのは、父の形見の短剣と冒険心と探求心。山の賢者は、あるがままの答えを知っているというのです。魔女は痛みのために・・・。 っと、これ以上後を言ってはいけませんね。

この映画にはスピリチュアルなメッセージがいっぱい。
私には登場人物全員が自分に見えてしまいました。
好奇心いっぱいなキリクも、意地悪な魔女も、無謀な戦いに挑もうとするおじさんも、優しいお母さんも、知ったかぶりの村の老人も、あるがままの答えを導く山の賢者も。

私の心に残ったメッセージのひとつに、キリクのお母さんの言葉がありました。
「人は金だけでは生きてゆけない。
人は水がなければ生きてゆけない。
人は愛する人がいなければ生きてゆけない。」

ぜひ見てくださいね、絵も美しいし、音楽もアフリカンなリズムで踊り出したくなります。
あなたにはどんなメッセージが届くかな?
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-24 01:38

ほっこり・まつやま〜魂の輪廻

先週の金、土と ふる里の松山に帰ってきました。
1泊2日だけの故郷の町。
やはり故郷はいいです。何がいいって、人が穏やか、町がどことなく緩やか。

松山で私の大好きな場所はいくつかありますが、お城のお堀端を通るのが今でも好きです。
亡き養父は写真撮影が趣味で、このお堀端で撮影した写真、星が円を描いて流れる様を写したお城の写真が大のご自慢でした。今でもその写真は思い出と共に実家に飾ってあります。
このお堀端を通るたびに、学校帰りの制服のまま近くにある図書館に通ったことや、好きな絵を描いた写生大会の時のこと、市民会館での美術展やコンサートに行ったことなども思い出されます。その景色は緑豊かな樹木や、木々の間から降りこぼれる木漏れ日、お堀の水面に光る太陽、気持ちよさ気に泳ぐあひるや白鳥たちが、30年前も今も、私の目には変わらぬ風景としてうつります。

松山に帰ったのは、人との繋がりの中から生まれたワークショップと個人セッションのためでした。コーディネイトしてくださったのは松山でアロマのスクールもなさっているMUKTIさん。2回目となるワークショップには10名もの方が参加してくださいました。 「私たちには素敵な仲間がたぁくさんいるのですよ〜」と瞳をウルウルさせながらおっしゃる小川いくみさん。彼女との出会いは、自然な流れから生まれてきました。お会いしたときには何故か初めてとは思えず、あぁやっと再び出会えたねという、またしても懐かしい感覚を伴うソウルフルな出会いでした。
以前から知っている感覚とでも言うのでしょうか? 最近本当にこういう出会いが増えています。
「初めまして」のごあいさつよりも「やっと会えましたね」という感覚です。

魂の輪廻。これは科学では現在のところ解明されていませんが、もうあと10年ほどもすれば、この輪廻説はすでに皆の常識として通用する時代が来るのではないでしょうか?
私たちがまだ一般常識として捉えていない様々な不思議感覚、例えば坂本政道さんやロバート・モンローが体験した体外離脱、ブルース・モーエンが本の中で言っている源への帰還、船井幸雄さんも書籍「世の中、大激変 いま一番知ってほしい大切なこと」の中で魂は輪廻する事をはっきりと述べておられます。

私にはニューサイエンスの科学者もスピリチュアル・リーダー達も、経営者も家庭の主婦も、多くの人たちが同じひとつの源に向かって歩んでいるように思えてなりません。
魂の輪廻、私たちは「やっと会えましたね」という感覚を持って実感しているように思えるのです。

ただ一人の心の中で「幸せ」を感じることが出来たとき、自分自身の心の内側で「平和」を感じることが出来たとき、世界は大きく動き始めるのだと、まるで奇跡のようなことを私は本気で信じています。「平和」それは私の心の表れであり、「幸せ」それはあなた自身の心の表れであると思うのです。

私の出来ることと言えば、ここ大阪の小さなセッションルームで、あるいは人との繋がりから生まれてくるワークショップで、一人の命の中に生まれる小さな気づきに立ち会わせて頂くことです。一人ひとりの命たちが、たくさんの体験を携えて、源へと還ってゆくために通る、ある一枚の扉としてのお役目を頂いているような気がしています。

ふるさと、松山でのワークショップは私の学びや経験を元にしてプログラムを組ませて頂いています。呼吸や瞑想、触れること、聴くことを通じて、自分の心を感じること。今一瞬の生を喜びと共に生きること。 お一人おひとりの大切な命の中で気づき思い出す、懐かしくもある未知なるものとの巡り会いを感じて頂くために、このワークショップをさせて頂いてるのかもしれません。                                                                                                        

みなさまの心が平和に満たされ、喜びにあふれる毎日を過ごせますように心から祈り、今世での再会を果たせた奇跡に感謝しています。

そして、明日もまた未知なるものと出会えるのと思うと、好奇心がムクムクと湧き出してきます。感謝☆ ∞ありがとうございます∞
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-21 03:53 | ワークショップ&イヴェント

10月 新月会のお知らせ

毎月、しっとりと新月の祈りを捧げております新月会。
来月10月の新月会は20名様の定員を予定しておりましたが、おかげさまで満席となりました。

新月の祈りをご一緒に捧げたい、音の力を感じてみたい方、恐れ入りますがキャンセル待ちとさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

来月の新月会の日時は
10月2日(日) 午後6時半スタート
10分程前にお越し下さいね。

共に祈る力も素晴らしいものですが、今回残念ながらご参加が叶わなかった皆様、どうぞご自宅で、あるいはご友人と一緒に、自分自身の心の内側の平和を祈り、その平和を広げてくださいませね。祈りの力は場所を超えて共鳴し合います。

11月は渡米の為、新月会はお休みさせて頂きますが、12月の新月会は、またまたとてもフレッシュでフレンドリーなゲストをお呼びする予定です。改めてこのブログでご案内いたします♪

「世界人類が平和でありますように」

love & Hug, momo
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-12 00:29 | ワークショップ&イヴェント

ほっと した♪

a0013267_0133238.jpg
台風一過、今日の夕焼けです。
画面左上の方に美しい三日月が、三日月の上には金星かしら? 見えていました。

ふと見上げた空
うっとりと見つめました
伝わってくるものは、美しさ、穏やかさ、優しさ、雄大さ 


ちょうどいらっしゃったクライアントさんと一緒に思わず美しさに見とれて
「わぁ〜、すごいね〜」
「きれいね〜」 と出てくるのは感嘆符ばかり (笑)

空が見せてくれた天空ショーには
私たちの心がそのまま映し出されているのではないかしら?

空を見上げる一瞬の心のゆとりが嬉しい夕焼けでした。
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-08 00:20 | スピリット

新月会 「私たちは ほっとかない」

今夜、小雨降る新月会に集ったのはゴッドナンバーの11名。
ヘミシンク音をバックに「心と頭が同調している状態」を実感し、その後、恒例になっている新月瞑想で月の聖地を訪れました。

今夜のヘミシンクは私にとっても、とても新鮮でした。 座ったままで瞑想状態に入ったのですが、第1チャクララから上の方にむけて、ゆらゆらと波が揺れているように軽いエネルギー上昇を感じ、第6、7チャクラがむずむず。その後、身体が右に90度回転。「あれれ?私ってば右向いてるのかしら?」。いえいえ、身体はまっすぐ前を向いたまま、エネルギー体だけが右側に回転していたようです。帰還の合図で急いでエネルギー体をまっすぐに戻しましたが、とても面白い新鮮な感覚でした。

新月瞑想では複数ある願望実現の中にひとつだけ、皆さんの共通の願いを込めました。ネット上で呼びかけられている「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」や、9・11NY、9/11総選挙を受けて、世界平和、宇宙生命系の平和の祈りです。 

一人の意識が変わると周りの多くの人に影響が及びます。
平和を胸に広げて、ハートチャクラを感じてみます。静けさと共にある平和を胸に広げます。
一人の想いから生まれる平和な世界。
私たちは平和な愛の世界を創ってゆけるね。

a0013267_2316469.jpg
ほっとけない世界のまずしさキャンペーンのホワイトバンドをつけて「私たちはほっとかない♪」と Love & Peace☆

瞑想の後には皆さんのコミュニケーションタイムでした。 この8月にシャスタ山に行ってこられた方の「天使や精霊たちのアメイジング・ワールドです!」というお話も聞く事ができました。ヘミシンクのこと、瞑想のこと、レイキやエサレンに興味を持っていたり、スピリチュアルな世界の話にみんな興味深々、お話の時間が足りないくらいでした。

来月は10月2日(日) 午後6時半から9時まで、ある素敵なゲストが来てくださいますので、時間を早めて開催いたします。お早めにお問い合せ、お申し込みくださいませね。 
ご一緒に、音と平和の世界を実感しながら、新しいサイクルが始まる時期のお月様に親しみましょう♪

お申し込みお問い合せ先 メールアドレスはこちらです。
kara@momo.mu
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-05 00:34 | ワークショップ&イヴェント

癒しフェスティバルのギフト

京橋画廊で開かれた、「癒しフェスティバル」に昨日一日だけですが、出展させていただきました。

独立してから現在まで、まだまだ短い期間ですがおかげさまで、大きなスピリチュアルなコンベンションや展示会からもお声をかけて頂いていたのですが、出展する気持ちに至るまでにはなれませんでした。
時間をかけながら、静かな音楽の流れる中、ゆっくりとクライアントさん自身の内側へ入ってもらい、意識の深い部分に働きかけることを大きなテーマのひとつにしている私のセッションを、展示会というたくさんの人の中、限られた短い時間内でヒーリングを実感していただけるのか、不安を持っていたからというのが、大きな理由の一つでした。

以前このブログでも紹介したマヤ暦の秋山さんがお声をかけてくださり、親しくしている友人のヒーラーさんの薦めもあり、「楽しむ気持ちで出展して、他のセッションも受けさせてもらおう♪」。 ふとこういう軽いエネジーが訪れて、初めてこういうヒーリング・フェアに出展させて頂きました。

会場の京橋画廊さんの中に入ると、既に出展されているチャネラーさんやヒーラーさん達が笑顔で「こんにちは〜」と、とれもフレンドリーに迎えてくださいました。 その瞬間、「あ、このフェスティバルはとてもいい波動が流れている」と感じました。

会場内にお客様が切れ目なく、たくさんいらっしゃいます。私は何の看板も用意していなかったのですが、出展者さんや一般のお客様が次々にお声をかけてくださって、ヒーリングを受けてくださいました。 
20分という短い時間、周りにはたくさんの人達の話し声。 
ピュリファイ、センタリング、グラウンディングを心がけながらセッションを務めさせて頂きました。 この展示会場内でもそれが出来たことが大きな驚きでした。
きっとこの会場内に「癒しと愛とフレンドリーシップ」が満ちていたのが大きな助けになったからだと思います。

私はセッションを行う時、クライアントさんの身体に触れていると、その身体から発している心の声、ボディ・メッセージが、私のそれぞれのチャクラにダイレクトに響いてくるようになってきました。これは数ヶ月程前から自覚しはじめたのですが、 からだがゆるみ、こころがゆるみ、涙が流れて、リリースされ自分にとって自然な状態に戻られたクライアントさんの純粋意識と、私の深層意識が繋がりやすくなり、その声を聞く事が出来るようになったのだと思います。

そして、セッションの度に実は私自身の学び、癒しをクライアントさんからたくさん頂いているのですが、今回もたくさんの方々から実りあるギフトを頂きました。
セッションを行う時、いつも傍にいて、時には手助けしてくれるサポートガイドやメッセージを伝えてくれるガイドがいてくれるのですが、このガイドさん達のエネジーを特に強く実感できたのも、この癒しフェスティバルでの大きな実りのひとつでした。

みな、共に活かし生かされている。
静けさと平和は心の内側に常に存在している。

いつも私に語りかけてくれる女性性ガイドから受けたメッセージです。
(私は彼女にオーリーという名前を勝手に付けて呼んでいるのですが、彼らに名前は必要ないそうです)

そして、もうひとつ大きなギフトは皆様との出会いです。
才能豊かで愛の波動に満ちているヒーラー、チャネラーさん、クリスタルさん達。
セッションに携わらせていただいたご来場者さん達。
本当に素敵なひとときをありがとうございました。

ああ、このお仕事を選んで、進んできて、本当に良かったなぁ、嬉しいなぁ、ありがたいなぁと心から実感させて頂きました。

次回フェスティバルは12月に開催される予定だそうです。
また、出展させて頂く事があれば、今度はこのブログでも事前にインフォームさせて頂きますね。 

さて、シャスタ山ツアーも皆様、お忘れなく♪
http://momo.mu/shasta
[PR]
by momo_yukari | 2005-09-01 00:00 | ワークショップ&イヴェント