バタフライ・メィデン

momo.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エサレン・ボディワーク

a0013267_0285032.jpg
エサレン・ボディワーク。 私の愛しているボディワークです。
昨年11月、カリフォルニア州ビッグサーにあるエサレン研究所に1ヶ月の滞在をしてから、すでに8ヶ月が経ちました。滞在中、バンクベッドの上段で眠りにつくたびに、「この波の音を忘れないでいよう」と毎晩願っていました。エサレン・ボディワークのロング・ストロークは西海岸の岸壁に打ち寄せる、太古の時代から続くダイナミックな波から生まれてきたと私は信じています。その波音がここしばらく私の脳裏から離れていました。自分の中心がずれていて、本当にしたいことをせず、愛している人やものを大切にすることを忘れ、ただ時を忙しくさせていました。それに気づかせてくれたのは、やはりエサレン・ボディワークでした。
心と身体の在処と魂の存在。「ひとつ」であることに気づかせてくれるエサレン・ボディワーク。

ボディワークをしてくれたのは長年の友人でもあるプラクティショナーの秋田有香さん。プラクティショナーの一人ひとりの個性が違うのもエサレンの魅力のひとつです。彼女のワークはとても丁寧で「大切にされている」という感覚を呼び覚ましてくれます。彼女のこのワークはエサレンのエッセンスを私に思い出させてくれた素晴らしいセッションでした。
プラクティショナー同志のこうした交換セッションができるのもエサレンの良さ。ああ、プラクティショナーになって良かった!!!

momoのワークはこちらで受けられます。カーラ 

エサレン・ボディワークの素晴らしさを是非体験してみてくださいね。
[PR]
by momo_yukari | 2004-07-27 01:02 | エサレン

舞姫

a0013267_12919.jpg
シンギングボウルの微かな絹弾く音の下
闇が裂け一筋の光明に浮かび上がる緋の衣
人の姿を借り立ち現れた女神の白く細い指に一灯のろうそく
性を凌駕し 生を超えた 彼岸のその先に
コスモを舞台に 絹の黒髪がほどけた

山口小夜子、命を超えたひとつの「山口小夜子」という有機体
長屋和哉の奏でる夢幻の音のバイブレーションと
ミナミーノの映像のコラボレーション

彼ら3人のパフォーマンスは私の聴覚と視覚と直感を最大限にフル稼働させオーディエンスを悠久の次元へと誘った。
ひとつの音、ひとつの映像、ひとつの舞が次のアクションへと連鎖反応を起こしたかの如くに流れ出したかと思うと、ストップモーションをかけたかのように瞬間が止まる。

舞と音と映像のトランス
時間も空間も無い世界
舞の女神が音に溶けた満月の夜

*東京SUPER DELUXにおいて7月1日 長屋和哉/山口小夜子/ミナミーノのコラボレーションが行われました。

*敬称は文体を損なわないため略させて頂きました。関係諸氏にご理解いただきますことを感謝いたします。
[PR]
by momo_yukari | 2004-07-07 01:30 | ワークショップ&イヴェント